長期の入院や治療によって治療費が高額になってしまい自己負担が所定の金額を超えてしまった時に、役に立つのが高額医療制度です。高額医療制度は治療前に申請して治療負担を軽減する方法と、治療後に申請して払い戻す方法がありますのでご紹介していきます。

インプラントの手術は高額?費用や期間は?

インプラントは失われた歯を補うことや、歯並びを良くする審美歯科として行われるもので、仕組みとしては人工の歯根を埋め込み、そこに人工の歯を取り付けるというものです。
メリットとしては入れ歯やブリッジとは異なりぐらつきがなく自身の歯と同じ感覚になることが挙げられます。
一方でインプラントのデメリットとしては、入れ歯とは異なり外科手術が必要で普通の歯医者では行っておらず、インプラント専門またはインプラントも行っている歯医者を利用する必要があります。
また費用も高額ですし治療に掛かる時間も従来の歯科治療と比べるとかなりの長期間にわたって行うことになります。
しかし、それらのデメリットも入れ歯とは異なる自身の歯に近い使い心地からインプラントを選ぶ人は多くいます。

インプラント治療の手順としては、まずは口腔内の状態を確認することからはじまります。
虫歯や歯周病がある場合にはそれらを治療しますし、また埋め込む顎骨の状態によってはインプラント治療を受けられないケースもあります。
ただ近年は顎骨を増やすことで埋め込み人工歯根を定着させることが可能でクリニックによっては断られても別のクリニックでは可能といったケースもあります。

問題がないと手術となります。
古典的なインプラントの方法としては歯がある場合には抜歯を行って歯茎を切開して人工歯根を顎骨に埋め込みます。
歯茎は一旦縫合され固定されるまで待ちます。
その後人工歯根がしっかりと顎骨に固定されたら、再び切開を行って、そこに人工の歯を取り付けて完了です。
このため従来の方法としては2回の種手術が必要で1本あたり20万円から60万円ほど掛かります。
期間も2回目の手術を受けるまで3ヶ月から6ヶ月程度掛かります。
一方で1回で行う方法もありますが2回目の手術を受ける必要がないので、短い期間で可能でまた費用も安いですが骨の状態によっては受けられず、さらに2回法よりも感染症のリスクが高いといったものがあります。
ただ事前の検査や口腔内の状態が良ければ負担が少ない方法といえます。

一方でこれまでのインプラントでは1本が対象ですが、一度に複数の歯をインプラントによって義歯に変えてしまうオールオン4という方法があります。
これは総入れ歯と似たものですが、単なる入れ歯が歯茎に合わせて入れるだけなのに対してオールオン4では、人工歯根を最小4本埋め込みそこに入れ歯を固定するというものです。
基本的には総入れ歯と同じですが、しっかりと固定されるので自身の歯に近い使い心地になるといったメリットがあります。

■どこでインプラント治療をする?
インプラント治療を京都でする