高額医療についてのしおり

長期の入院や治療によって治療費が高額になってしまい自己負担が所定の金額を超えてしまった時に、役に立つのが高額医療制度です。高額医療制度は治療前に申請して治療負担を軽減する方法と、治療後に申請して払い戻す方法がありますのでご紹介していきます。

高額医療制度の自己負担額について

医療保険に入っておくと得られる事は、4点あります。
まず、病気を患い入院生活が長引いてしまっても、医療費を払い続けることができる点が挙げられます。
患う病気により、入院しなければならない日数というのは変化します。
胃がんをはじめ、肝臓がんや肺がん、糖尿病などは、およそ1ヶ月間の入院生活が強いられます。
最も長い白血病の場合であれば、50日間以上の入院が求められます。
当然、これほど長く医療機関に入院することになると、これまで貯めてきた貯金に、手を出さなければならなくなります。
しかし、医療保険に加入していると、保険によりサポートされるので、金銭的負担が軽くなり、貯金に手を出さなくても良くなります。
次に、精神的に追い詰められないという点も挙げられます。
入院したものの、退院できる時期が定まってなければ、大きな精神的な負担になります。
病院という環境に、病気の症状が加わることで、精神的に疲弊してしまいます。
そのような状況下で、治療費の事を考えると、当然大きな不安材料になります。
こうした場合に、医療保険から治療費を出せることになれば、精神的に疲弊することはなくなります。
そして、今後の社会保障制度に対する不安も取り除くことができます。
今後ますます、少子高齢化が進行することは間違いありません。
当然、財源の確保も難しくなってくるでしょう。
このような状況になると、最初に影響を受けるのが、医療分野なのです。
現在、窓口自己負担が3割ですが、こうした負担額も大きく変化してくるのは、間違いありません。
当然割合が変わると、自己負担しなければならない金額も変わってきますので、医療にかけなければならない費用で、生活が圧迫されることになります。

■胃腸の調子が悪いならこちら
ネキシウム
■胃酸で胃が荒れている!という方はこれで胃酸を抑えましょう
エソメプラゾール
■医療機関に通わず睡眠を改善
メラトニン